へっどらいん

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ロンドンで唯一の有料夕刊紙「イブニング・スタンダード」が12日から無料紙に移行する。1部50ペンス(約70円)と低価格を売りにしてきたが、無料紙競争のあおりを受けていた。英国では景気低迷で広告市場が縮小しており、一部無料紙が廃刊に追い込まれるなど発行体制の見直しが相次いでいる。

 「イブニング・スタンダード」は無料化に伴い、発行部数を現在の25万部から2倍強の60万部に引き上げる。部数増加で広告媒体としての魅力を高める。同紙は今年1月にロシアの富豪レベジェフ氏に買収されており、同氏は2日に「イブニング・スタンダードは無料になる初の高級紙であり、他紙も追随するだろう」と述べた。

 ロンドンでは9月18日にニューズ・コーポレーション系の無料夕刊紙「ロンドンペーパー」(約50万部)が廃刊。街頭で配られる無料夕刊紙は「ロンドン・ライト」(約40万部)だけになっていた。その「ライト」にもスタンダードとの統合観測が浮上している。(ロンドン=石井一乗)(07:00)

スポンサーサイト

2009/10/03 16:09 | ロンドン生活情報COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ブログトップ | 

ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。